自分の脂肪による再生医療の豊胸術、コンデンスリッチファット注入法。認定医が担当

コンデンスリッチ豊胸術モニター症例11|銀座みゆき通り美容外科


症例№011|コンデンスリッチファット豊胸術

26歳 女性 モニター症例画像

コンデンスリッチ豊胸術症例画像01 コンデンスリッチ豊胸術症例画像02 コンデンスリッチ豊胸術症例画像03 コンデンスリッチ豊胸術症例画像04 コンデンスリッチ豊胸術症例画像05

直筆体験談

※画像をクリックすると拡大します


術前日の心境はどうでしたか?
なりたかった自分になれる、という期待。本当に行っていいのか、という不安。 不安のほうが大きかった。
手術後
痛みというより、気持ちが悪くてしかたがなかった。胸は分厚いもので巻かれて荷物を抱えている感じ。足はすり足に近く動かすと、とても痛い。
帰宅後
一度ねて起きたら、気持ち悪いのは治っていた。ゼリーやヨーグルトサラダは食べられた。
1日目
ご飯等、普段通り食べられる。胸の痛みや重みが時々感じられた。足のむくみが出てきた。特にひざはパンパンで痛いぐらいであった。
2日目
胸の包帯を外した。これ以上ないくらいにパンパンに腫れていて紫色をしていた。胸が少し揺れただけで、こすれただけでも痛く、胸を両腕で抱えて歩行した。
3日目
足の痛みは少しずつ減ってきている。速歩きはできないが、急ぎ足じゃないくらいで歩ける。シャワーをあびると水がかかっただけで胸やもも、ひざに刺激がある。胸は紫色。
4日目
かけ足が少しできた。ただ胸が揺れて痛い。ひざはまだむくんでいるがしゃがむことができた。時々、胸の下のところや乳輪あたりにズキズキと痛みがある。
5日目
胸は痛いがかけ足ができる。足の痛みも感じない時が出てきた。胸は紫色から黄色へと変化してきた。まだパンパンで固い。
6日目
階段では、ももに痛みがくるものの、平地歩行は、ほとんど痛みなし。胸の痛みは揺れなければ、大丈夫。
7日目
全力疾走ではないが、走れた。少し腕を振って走っても胸にズキズキとした痛みはない。ひざのむくみも大分良くなった。胸の腫れも少し落ち着いてきたと思う。固さはばだばだだが柔らかくなりそうなところもある。

1カ月後
胸の腫れもだいぶ落ちつき、自然な感じになってきた。腫れによる色の変化も良くなり、他の肌と一緒の色となってきた。足の痛みも、もうない。脂肪吸引による肌のつっぱり感も気にならなくなっている。足の付け根の吸引跡は、時々つっぱり感があるが徐々に減っている。
2カ月後
胸はすっかり自分の胸となった感じである。腫れも色も良くなった。触った感じも柔らかくなり、自分でも、その感触に慣れてきた。脂肪吸引の肌のつっぱり感はもうない。ひざの吸引跡が他の吸引跡と異なりポツッとふくれたようになった。その他の吸引跡はきず跡が薄れていくのを待っている状態である。
3カ月後
もう、違和感なく自分の胸となった。胸の腫れも色の変化も足の痛みもない。片方のひざの吸引跡だけ、ポツッとふくれたように残っているので、今後経過をみたい。その他の吸引跡は徐々に薄くなってきている。胸も2ヵ月後より、柔らかくなった。胸のサイズは、2ヵ月後と変わらない。
今後同じような治療を受けられる方にメッセージをお願いします。
最初は、手術を受けるかどうかでかなり悩み、次はカウンセリングを受けて手術の日程(仕事とのバランス)で悩み、手術をしたら、胸の変わりよう(腫れや色の変化、固さ)や足の痛みで悩み・・。たくさん悩みました。でも、3ヶ月経って、やっぱり手術してよかったと思っています。今まで、悶々としていた自分の胸への悩みがなくなり、しかも、同じく悩んでいた太い足もすっきりしてしまいました。形もきれいに作っていただいた胸なので、大きさだけでなく、形も自信につながっています。そして、何より自分の脂肪なので柔らかいし、愛着がでてきます。「自分の胸」と自信をもって言えます!すごく悩みながらの治療をずっと支えてくれたのは、先生をはじめ、スタッフの方、看護師さんが私の仕事や今後の予定を親身になって考え、適確なアドバイスをし続けてくれた優しさと、温かい笑顔だと思っています。私も笑って治療を終えることができました。同じ悩みをもつ方だったらぜひ、こちらでの治療をおすすめします!





Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る