自分の脂肪による再生医療の豊胸術、コンデンスリッチファット注入法。認定医が担当

症例写真を見る時の注意点 銀座みゆき通り美容外科


症例写真を見る時の注意点

症例写真(モニター症例)の担当医は誰ですか?

美容クリニックのHPを見る際に、症例写真のページをご覧になる方は少なくないと思います。
それはもしあなたがそのクリニックで手術を受けるかどうかの判断をする際に、担当医の技量やデザインセンスを推し量る資料として、症例写真が大きな目安になるからだと思います。

ただ症例写真を見る際に注意しなければならないのは、クリニックのオリジナルの症例写真、かつ担当医が実際に施術した症例写真であるかどうかということです。

下記の写真はのメーカーから提供されたコンデンスリッチ豊胸の症例写真の一例で、ホームページにそのまま掲載しているクリニックもあります。これでは担当医の技量やデザインセンスの判断材料にはなりません。

このホームページの症例写真は当院オリジナルのものであり、全て水谷医師が担当した症例です。

(参考)メーカーから提供された症例写真の例

症例写真のビフォーアフターは、正確に比較されたものですか?

症例写真の多くは、手術の効果を表現するために手術前後の比較写真です。
手術の効果を正しく伝えるためには、手術前と手術後の条件を揃えて比較する必要があります。
もしそうでなければ、手術の効果を意図的に強調した、誇大広告になってしまうかもしれないからです。

豊胸手術の場合は、例えば手術前の写真よりも手術後の写真を近くで撮影したほうが、遠近感の効果によって、実際の手術の豊胸効果よりも強調されて見える可能性があります。

実際、意図してかどうか分かりませんが、手術後の症例写真をクローズアップして、豊胸効果を強調して見せているかのようなクリニックのHPも見受けられます。

当院の症例写真は、手術前と手術後の撮影条件、ならびにHPに掲載する場合のトリミング(写真のカットの位置)を正確に揃えて、手術の効果を正確に判断できる比較資料となるように留意しています。

(参考)比較写真の例

下の症例写真は当院のモニター症例ですが、(A)の比較写真は手術後の豊胸効果がより強調されるように、手術後の写真をクローズアップしています。しかしこれでは、手術の効果を本来よりも強調した誇大広告と言われても仕方がありません。
(B)の比較写真は手術前と手術後の条件を揃えた、本来の比較写真です。

(A)手術後をクローズアップした比較写真

(B)条件を揃えた比較写真

(A)手術後をクローズアップした比較写真

(B)条件を揃えた比較写真

(A)手術後をクローズアップした比較写真

(B)条件を揃えた比較写真




Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る