ベイザーリポ脂肪吸引

ベイザーリポ脂肪吸引

従来の脂肪吸引

従来の脂肪吸引は、刃が付いた吸引管を前後に動かして脂肪を削り取るような方法です。
脂肪を吸引する時に脂肪の周りの神経や血管も傷つけるため、手術後は痛みや腫れ、内出血が強く、回復に時間がかかります。 また皮膚と筋肉をつなぐ弾力繊維も切断されることがあり、手術後に皮膚がたるむリスクがあり、このため脂肪の吸引量が制限されます。
繊維質で固い脂肪層の場合は吸引しにくく、無理をすると凸凹ができる恐れもあります。

従来法の問題を解決したベイザーリポ脂肪吸引

ベイザーリポ脂肪吸引では、超音波プローブを皮下脂肪層に挿入して、特殊な超音波(ベイザー波)によってあらかじめ脂肪をバラバラにほぐしておき、その後に刃がない吸引管でほぐれた脂肪を吸引します。
ベイザーリポは血管や神経のダメージが少ないので、手術後の痛みや腫れ、内出血が少なく、回復もより早くなります。
皮膚と筋肉をつなぐ弾力繊維を切断することがほとんどないため、手術後の皮膚のたるみが起こりにくく、脂肪を根こそぎ吸引できます。
繊維質で固い脂肪層の場合でも、超音波(ベイザー波)で脂肪をバラバラにほぐしてから吸引するので、無理なく効果的な脂肪吸引が可能です。


<超音波プローブ>


<ベイザー装置の本体>

ベイザー波の細かい振動により、丁度ブドウの房から粒が振り落されるように、塊を成していた脂肪細胞がバラバラにほぐれます。

ほぐれた後の脂肪細胞は強い陰圧をかけて刃で削り取る必要がなく、刃がない吸引管でソフトに吸引除去できます。


<ベイザー波の効果>

ベイザー波の細かい振動によって、塊を成していた脂肪細胞がバラバラにほぐれます。

<ベイザー波の効果>

ベイザー波の細かい振動によって、牛脂の塊を分解している様子を示しています。

ベイザーリポ脂肪吸引の専門サイト

脂肪注入に最適なベイザーリポ脂肪吸引

従来の脂肪吸引では、刃の付いた吸引管で削り取りながら脂肪を吸引していました。したがって吸引された脂肪は細胞がバラバラではなく、塊を成した状態です。

これに対してベイザーリポでは特殊な超音波によって脂肪細胞の一つ一つをバラバラにほぐしてから吸引します。

これを魚卵に例えると、従来の方法で吸引される脂肪細胞はスジコのような状態で、ベイザーリポで吸引される脂肪細胞はイクラのようにバラバラの状態です。

脂肪を注入する場合、脂肪細胞や脂肪幹細胞は、注入部位の血流から酸素や栄養を受け取って生き残ることで生着します。

スジコのような塊の状態で注入された脂肪は、中心部の細胞には血流が届きにくいので死滅する細胞も多くなりがちですが、イクラのようにバラバラの状態で注入された脂肪は、細胞一つ一つに血流が届き易いので定着率が高いのです。

ベイザーCRFのコンデンスリッチ豊胸は豊胸術の最高峰

当院では、脂肪細胞をバラバラの”イクラ状態”にするベイザーリポで脂肪吸引し、さらにその脂肪に含まれる有害混合物、つまり血液、麻酔液、壊れた脂肪細胞、老化した脂肪細胞のすべてを分離して、脂肪幹細胞と若くて元気な脂肪細胞だけを濃縮したコンデンスリッチファット(CRF)に調整してからバストなど様々な部位に注入しています。

ベイザーリポで吸引してコンデンスリッチファット(CRF)処理をした脂肪『ベイザーCRF』をバストに注入するコンデンスリッチ豊胸は非常に有効性が高く、脂肪注入豊胸術の最高峰です。

脂肪吸引の仕上がりはドクター次第

ベイザーリポは沢山の脂肪を吸引できるので、ドクターの技術が結果を大きく左右します。
控えめな脂肪吸引では、変化が少ないために痩身効果も少ない半面、どのドクターが手術を担当しても結果に大差ありません。
ベイザーリポは脂肪を根こそぎ吸引できる優れた手術方法ですが、変化が大きい分だけ、ドクターの脂肪吸引技術の良し悪しが手術結果に現れます。

当院では、長年の脂肪吸引実績がありベイザーリポ認定医でもある水谷院長が一貫して担当します。

ドクタープロフィール

ベイザーリポの治療の経過

お電話はこちら 0120-858-030 年中無休 10時~20時 無料メール相談 無料カウンセリング予約
お気軽にお電話ください 0120-858-030 年中無休 10時~20時 お電話はでの相談はこちら
無料メール相談
無料カウンセリング予約